ガーデニングのページ


山菜、イチゴ、スイカ、白菜、ネギの栽培などなど!






ガーデニングの巻 №21

【日付】2024年7月4日
【感想】さてマッピー、先日、北側花壇の流れ出した土をモルタルで封止して見ました。2週間ほど様子を見ましたが、流出の兆しがないので、培養土を表面に振り掛けました。



培養土は、封止作業の当日、いつものケーヨーデイツー一宮店さんから買い置きしていたものです。25Lで、500~600円(税込み)のお手頃価格だったような…



培養土と腐葉土は基本構造が違うみたいです。培養土は、「基本用土と補助用土がバランス良く配合されて作られた土」のようです。腐葉土は、「広葉樹の枯れた葉や枝などを発酵させたもの」のようです。培養土を加えるだけで植物が育ちますが、腐葉土はそうではないようです。

165

25Lの追加では、2cmほどの嵩上げにしかなりませんでした。2~3週間以内にあと1袋を巻き、収穫を終えて表面に何もなくなった頃合いを見て、最低5~10袋は追加したいと思います。ではでは、また、UPします。



ガーデニングの巻 №20

【日付】2024年6月20日
【感想】さてマッピー、北側花壇の土が流れ出しているので、昨日、漏れ止めシールを行って見ました。



花壇の右側(駐輪場側)に土が流れ出しています。浄化槽が埋設してあるので、槽の脇に空洞ができているの🦆?



会社帰りにいつものケーヨーデイツー一宮店さんから、モルタル(砂入り)の10kg袋を910円(税込み)で購入して参りました。先ずは、先日植え付けたナスの脇(右側)を20~30cmほどの深さに掘り進みました。縁石の下には仕切り壁がなく、左端は、コンクリートをブレーカーで中途半端に砕いたものでした。右方向に手を入れて見ると、コンクリート地盤辺りまで空洞になっている感じでした。当初は、先住者の方が花壇を作る予定ではなかったかも知れません。結果、購入した10kgモルタルでは、とても足りる感じではなかったので、3~5cmの石ころをつなぎに詰め込みました。



で、使いやすいように10cmくらいのお団子状に丸めて…速乾性ではないですが、気温が高めなので、硬化するのが早い感じでした。



狭いところでの作業だったので、掘り始めから埋め戻しまで、3時間ほどかかってしまいました…薄暗くなった18:30頃から始めたので、頭にLEDライトを付けての作業でした。何とか21:00に終了、それから日課のランニングに行ったので、お疲れモードでした。ナスの根っ子が切れてしまったので、モルタルが硬化したら、水を多めにあげたいと思います。



今回は、真ん中辺りから奥までの半工程だったので、また流出することがあったら、手前の半分、それでもダメだったら、更に深く掘って漏れ止めシールを行って見ます。また、腐葉土の25Lを2袋買い置きしたので、ナスががもう少し成長したら、表面にまいてあげたいと思います。



ガーデニングの巻 №19

【日付】2024年6月4
【感想】さてマッピー、今年もナスの時期がやって参りました。



いつものケーヨーデイツー一宮店には、もう安い苗がたくさん並んでいました。118円(税込み)の長ナスを16苗、購入しました。



こちらは、北側の花壇です。6苗を植えました。



こちらは、南西側の花壇です。8苗を植えました。



こちらは、西側の小花壇です。2苗を植えました。



こちらは、東側の万能ネギです。毎日、3~4本を真ん中辺りから切り取っています。



こちらは、南東側のワラビとコゴミです。ワラビが育ち過ぎて、コゴミが埋もれてしまいました。



で、5回目の日焼けに行ってきました。2アマ受験~電工二種の学科受験と続けざまで忙しかったので、このところ、少し骨休めをしています。また、新設無線機のセットアップや総務省への再免許・開局申請など、面倒くさい作業も終わったので、ホッとしています。来月21日(日)は、電工二種の技能試験なので、そろそろエンジンを始動させないと困ります…



ガーデニングの巻 №18

【日付】2024年4月21
【感想】さてマッピー、昨年12月に花壇に植えた「万能九条ネギ」の苗が、気温の上昇とともに育って参りました。



30cm超えほどに成長し、毎日、3~4本を収穫しています。



で、薬味として色んな料理にパラパラと!



こちらは、ワラビです。一斉にニョキニョキと顔を出しました。



今年になって初めて収穫しました。で、Qさん(奥さま)が重曹を使って、あく抜きをしました。ちょっと暗かった🦆…



仕上がりはこんな感じです。からし醬油で美味しくいただきました!



只今、たぶん最後になる?国家資格取得に備えてテキストで学習中です。来週末からは、「二種電気工事士」の学科試験及び技能試験の講習会(9:00~16:00、全11回コース)が始まるので、週末はすべて講習会で埋まります。学科試験が5月26日(日)、技能試験が7月21日(日)の予定ですが、いずれも山梨県内で受験できるので、楽チンです。で、先日受験した「第二級アマチュア無線技士」の学科試験に合格しました。来月中旬には免許証が届く予定なので、電工二種 の技能試験発表後の8月に八重洲無線㈱社の「FTDX101MP」の新品リグを購入予定です。すでに61歳を迎えましたが、還暦後、1級土木施工管理技士の第一次(昨年7月)、第二次(昨年10月)、移動式クレーン運転士(昨年11月)、第二級アマチュア無線技士(今年4月) の4回の国家資格を受験(受検)し、合格しました。※今年2月 監理技術者 かれこれ、この5~6年の間に第四級・第三級アマチュア無線技士、1級船舶、高所作業車、少林寺拳法6級・5級、2級土木施工管理技士 といった資格を取得しました。危険物取扱者乙4、2級ガソリン整備士、大二・けん引も取得済みなので、65~70歳までは、仕事に困らないと思います!電工二種 の資格が取得できたら、また元の生活に戻り、磯釣りや川釣り、無線、英会話、少林寺拳法、ドラム、ピアノ、ベース、ストラトキャスター、バイク・車いじり、マイホーム改修、ガーデニング を楽しみたいと考えています。で、マッピーは、山梨県立甲府工業高等学校という高校を卒業しましたが、当時のM・E・T・A・C(機械科、電気科、電子科、建築科、土木科)のうち、建築科以外の学習が、この歳になってできたのではないか?と思っています。ちなみに卒業学科は、機械科 でした。



ガーデニングの巻 №17

【日付】2024年2月24日
【感想】さてマッピー、昨年12月に花壇に植えた「万能九条ネギ」の苗が、気温の上昇とともに育って参りました。



先日まで3cmほどの細々と頼りない苗が急成長を遂げた感じです!最近、バカ陽気(言葉は悪いですが…)が続いたので、中には12cmを超えるものも…



根元にあるポチポチとした顆粒状のものは、肥料です。手につまみ、根本めがけてパラパラと。



こちらの肥料を使っています。日清ガーデンメイト㈱さんの「花と野菜の化成肥料」です。メーカー(特長):花にも野菜にも幅広く使える化成肥料です。肥料成分が平均的で使いやすく、元肥としても追肥としてもお使いいただけます。



こちらは、南向きです。今一つ冴えない感じです…日中の強い日差しを東電さんの柱が遮ってくれているようです。真夏になれば逆になる🦆?



こちらは、北向きです。南向きとは対照的に成長が著しいです。約4.5mの間に46苗を植えましたが、太さが増したので、特に育ったように感じているだけカモ?で、マッピー、今回が初めての万能ネギ栽培のチャレンジなので、日々の観察が楽しみにしています。



ちなみにこちらの画像は、2月8日(木)更新の「プラスチックネット柵設置」です。この姿を見慣れていたものですから…水分を嫌うみたいで、「ホントに育つの?」とか考えていました。



ガーデニングの巻 №16

【日付】2024年2月8日
【感想】さてマッピー、12月に万能ねぎの苗を植えた花壇にプラスチックネット柵を設置しました。



プラスチックネットは、Amazon.co.jpさんから1巻(3m*40cm)/1,199円を3巻購入しました。で、園芸支柱のサイズは75cm、中間の洋ラン線は60cmです。



プラスチックネットは支柱に寄りかかると自立するので、ナイロンネットと違い、設置作業が短時間にできます。



ネットと支柱・洋ラン線の結束は、ビニタイで簡易的に行いました。落ち着いたら樹脂バンドでキッチリ止めたいと思います。



プラスチック柵は補強材になり、支柱が以外にしっかりしているので、霜除け用のビニールシートを掛けようかと考えていたら降雪がありました。掛けていたら、きっと面倒なことになっていたと思います。また、春になると野鳥のタマリ場になりそうなので…



ガーデニングの巻 №16

【日付】2023年12月20日
【感想】さてマッピー、万能ネギの苗を植えました。



一般的の植付けは11月頃までだと思いますが、ネギ栽培は初めてなので、ダメもとで行います。



こちらはメルカリさんで購入した「万能九条ネギ苗」です。和歌山県の出品者さんから¥1,998で40苗を購入しました。



こちらは、全長3.6mの長さにマーキングした風景です。手前の淵から15cm、条間15cm、苗間18cmで植付けました。



セルトレーに5・6粒を播種し、育ててくれたものなので、根の部分は7~8cmくらいの深さに埋めました。



こちらは、南側から見た風景です。フェンスの右側は隣宅なので、タラの木の際も葉っぱの管理に苦労しました…



ちなみにこちらは、先週の日曜日に撮影した画像です。ワラビが茶色く変色したので、茎を5cmほど残し、刈り込んだばかりでした。掘って除去した根っ子は、合計で45Lのゴミ袋いっぱいに3袋ほどありました。苗から6年に渡り育て、今では100本は優に超えるほど増えましたが、50cmを超える辺りから隣家側のフェンスに寄りかかってしまうため、PPバンドで簡易的に倒れ止めを施していました。未だに伐採したタラの木の葉っぱもニョッコリと顔を出すので、根っ子が取り切れなかったワラビも生えてくると思います。



ワラビを全部切ってしまうと寂しいので、南東側の花壇にはコゴミと共存しています。



こちらは、暖かくなったらナスを植える南西側の花壇です。イチゴを何種類か植えていましたが、上手に育ちませんでした…冬の期間は、施肥などの土つくりのため、のっぺらぼう状態ですが



こちらも暖かくなったらナスを植える南西側の花壇です。花壇というよりは、小さな菜園みたいな感じです。



ガーデニングの巻 №15

【日付】2022年6月18日
【感想】ナスが成長しました。



梅雨に入り、降雨とともに育って行く感じです。前回のUPより2週間ほどで、背丈は倍の70~80cmに達しました。



こちらは、早めに収穫した一番果です。



“焼きナス” でいただきました!



こちらは、北側花だんの長ナス6株です。南西側花だんの長ナス4株より成長が早いです。



こちらは、南西側花だんの長ナス4株です。晩熟タイプなので、収穫は最後まで楽しめます。こちらの花壇に限り、今年もカメムシが発生しました。薬品を使うと株にダメージを与えてしまうので、1匹づつ駆除しないとだめカモ?



ガーデニングの巻 №14

【日付】2022年6月2日
【感想】今年もナスの苗を植えました。



こちらは、長ナスの苗です。植えてから10日が経過しました。



こちらは、北側花だんの長ナス6苗です。



こちらは、南西側花だんの長ナス4苗です。イチゴと混在しています。



こちらは、西側花だんのタラの木です。



こちらは、南東側花だんのタラの木、コゴミとわらびです。



こちらは、南東側花だんのコゴミとわらびです。



こちらは、東側花だんのタラの木とわらびです。今年は成長が早いようなきがします!



ガーデニングの巻 №13

【日付】2022年4月11日
【感想】その後のタラの木についてです。



こちらは花壇のタラの木から初めて摘み取ったタラの芽です。食べごろサイズです!



手前がふきの天ぷら、奥がタラの芽の天ぷらです。何れも美味しくいただきました!



切った幹と枝を水を張ったトロ箱に移し替えました。土の上に置いていた時より元気になったように感じます。



こちらは葉っぱが開いてきました。



こちらも葉っぱが開いてきました。



こちらは立派なツボミに成長しました。2~3日もすれば葉っぱが開いてくると思います。



ガーデニングの巻 №12

【日付】2022年4月7日
【感想】タラの木が4m近くまで成長したので、株元から50cm程度の位置でカットしました。



既に開き出した芽もありました。夏になると白い花が咲き、秋には黒い球形の液果が実ります。張り出した枝から液果が車のルーフに落下すると塗装面がシミになってしまいます。先日、奥さまQさんが新車を購入したので、早めに切戻しました。



切り落とした幹は、更に80~100cmにカットし、花壇の土の上に置いてあります。切り口を上から覗くと透明なゼリー状の樹液が出てきました。何か可愛そうになったので、毎日、じょうろで水やりをしています。



切ってから5日が経過しましたが、芽が日々成長しているので、昨夜、サト子ちゃんとタラの芽を摘み取りました。



19日(土)に境川環境センターに持ち込み処分するつもりですが、日々の成長を観察したいと思います。



ガーデニングの巻 №12

【日付】2021年5月30日
【感想】ナスの支柱を立てた序でに撮影しました。



こちらの金具は “クロスバンド” で、Φ11mmのイボ付き鋼管製支柱を固定しました。支柱を直角に交差させ固定するのに適しています。バネ力が強くガッチリ固定されます。



こちらのクリップは “クロスジョイント” で、Φ11mmのイボ付き鋼管製支柱を固定しました。支柱を自由な角度に交差させ固定するのに適しています。樹脂製なので直射日光にさらされると劣化が激しそうです。



毎年ナスの成長と共に園芸用ビニールタイで支柱の交わりを縛り即席支柱やぐらを作り収穫の終わりと同時に解体していました。今回は支柱やぐらを頑丈に組み立てたのでオフシーズンも解体はせず、冬季は支柱やぐらをビニールで覆い、小型ビニールハウス化すればタネや芽を保護することができるカモ…で、来シーズンはタネまきからチャレンジしてみたいです。



狭い花壇でレタス、キャベツ、白菜、ブロッコリー、きゅうり、スイカ、メロン、サヤエンドウなどの栽培を試みましたが、秋まで収穫できるナスが一番のお気に入りとなりました。今年も成長が楽しみです!



ガーデニングの巻 №11

【日付】2021年5月28日
【感想】ナスの支柱を立てた序でに撮影しました。



コシアブラの葉っぱが大きくなりました。



こちらは東花壇です。



タラの木、ワラビが育ちました。



こちらは東南花壇です。



タラの木、ワラビ、コゴミが育ちました。南国の木々みたいです。



こちらは西南花壇です。ナス、イチゴ、コシアブラ、タラの木が育ちました。



ナスが大きくなったので、75cm×∮4mmの洋ラン支柱では間に合わなくなってきました。



こちらは西花壇です。



イチゴ、タラの木が育ちました。早いペースで背が高くなりました。



こちらは北花壇です。ナスが育ちました。



葉っぱが虫食いにあっていますが、今のところ元気です。既に1番花は咲いているので当分は若どりを心掛けます。次回は明るい時間帯に撮影します!



ガーデニングの巻 №11

【日付】2021年4月29日
【感想】今回はコシアブラについてです。



先日、三重県のアグリパーク多度㈲さんに注文したコシアブラの根巻き苗が、大きめな段ボール箱(H110cm×W25cm×D25cm)に入って本日入荷しました。元気な芽が出ていました。



先ずは西南側花壇に先日植えたばかりの宝交早生(ほうこうわせ)の苗さまに特等席を立ち退いていただきました。細根が何本か切れてしまいました、宝交早生の苗さまゴ・メ・ン・ナ・サ・イ…



で、直径×深さともに30cmほどの植え穴を掘りました。正体不明の根っこが出てきましたが、そのままコシアブラの根巻き苗を置いてしまいました。



麻布は残したままです。層が粘土質でもないし、お隣りにはイチゴやナスが植わっていので土改良や追肥はしませんでした。



こちらの3連竹槍マフラーみたいな感じで幹が生えているのが全体像になります。



こちらは幹先端部です。真ん中の幹からも新芽が出ていました。



東側花壇から枯れかかった4年ものコシアブラを同じく西南側花壇に移植しました。東側花壇のわらび族の密集地から掘り起こしたので細根が切れてしまいました…で、この角は非常に日当たりが悪いため入居率は最低ですが、半日陰を好むみたいなので頑張って住んでもらいます。さてさて、コシアブラの両者、育ってくれるでしょうか?楽しみです!



ガーデニングの巻 №10

【日付】2021年4月23日
【感想】花壇の写真を撮りました。



こちらは東側花壇です。3週間前より青々としてきました。



東側花壇に寄りました。タラの木、ワラビ、コシアブラです。



こちらは東南側花壇です。



東南側花壇に寄りました。ワラビ、コゴミです。



こちらは西側花壇です。



西側花壇に寄りました。タラの木と昨年のイチゴがまばらに成っています。




こちらは西南側花壇です。宝交早生(ほうこうわせ)の苗を4株、中長ナスの苗を4株植えました。



西側花壇に寄りました。イチゴの実が成り、ランナーも長くなってきました。



こちらは北側花壇です。長ナスの苗を4株、中長ナスの苗を4株植えました。



西側花壇に寄りました。もう少ししたら先端が重くなってくるので、園芸用支柱で支えます。さらなる生育が楽しみです!



ガーデニングの巻 №9

【日付】2021年3月29日
【感想】花壇の写真を撮りました。



今年はワラビの成育が早いような…毎年恒例のゴールデンウイーク山菜採りは前倒しした方がいいカモ?



こちらは東側花壇のタラの木です。まだ芽吹いてはいません。



こちらは東南側花壇のタラの木、ワラビ、コゴミです。何れも芽吹いてはいません。



こちらは西側花壇のタラの木です。まだ芽吹いてはいません。



こちらは西南側花壇のイチゴです。まだ霜が降りそうなので新苗を植えていないのでまばらです。



開花したイチゴもありました!今から芽吹きが楽しみです。



ガーデニングの巻 №8

【日付】2020年8月13日
【感想】さて今回は小庭の草木が大分育ったのでUPします。



こちらは東側花壇です。タラの木、コシアブラ、ワラビが元気に育っています。タラの木は高さ4mに近付いて来ました!



こちらは南東側です。タラの木、コゴミ、ワラビが元気に育っています。



ワラビの奥のコゴミの株が増えビックリしました。



こちらは南西側です。イチゴの南側に長・中ナスを植えました。



こちらは西側です。春先30cmほどだったタラの木は2mを楽々超えました。



こちらは北側です。長ナスが元気に育っています。30個以上は収穫できています。梅雨明けから土の渇きがとても早いので1日置きの晩に水やりを行っています。



ガーデニングの巻 №7

【日付】2020年5月9日
【感想】さて、1ヶ月前に掲載したガーデンの更新です。



西側のつぼみだったタラの芽が一気に葉っぱになりました。量水ボックス周りのイチゴも大分成長しました。



こちらは東側のワラビ、コシアブラ、タラの木です。



ワラビも成長しました。ワラビの中の植樹3年目のコシアブラは、太くはなりましたが、高くはなりません。



こちらは南東側ですが、コゴミ、ワラビ、タラの木が成長しました。



こちらは南西側のイチゴです。既にいくつか小さな実が収穫できました。



東側の一画に新しい苗を6つ植えました。品種は、ジャンボ、とちおとめです。



寒の戻りもあったせいで、急激には生育していませんが、茎は見違えるほど太くなりました。



施肥も行いました。これから夏に向けて土壌が直ぐに乾燥するので、水やりが大変です。



ガーデニングの巻 №6

【日付】2020年4月6日
【感想】あらゆるメディアが朝から晩まで“新コロナウイルス”を報じていますが、そろそろ地域別の非常事態宣言が発令される感じですね…マッピー住まいの笛吹市ですが、最低気温がマイナスになる日がなくなって来ました。さて、ドタキャンになった1アマの受験勉強で長らくほったらかしていた小さなガーデンの手入れを行いました。



タラの木が芽吹きましたよ!今年は生育が少し早い感じなので、山菜採りはゴールデンウイーク前に行かないと「何も無かったよ…」ということに成りかねませんね。



タラの芽は、こちらの小さなタラの木のものです。量水ボックスの周りは、イチゴです。昨年、隣りの花壇からランナーが伸び、根付きました。余談ですが、先日、量水器が新しくなりました。



東側の日当たりが一番良い花壇では、ワラビが開き始めました。



こちらはワラビと生育の良いタラの木です。



南側の日当たりの一番悪い花壇では、コゴミもワラビも変化がありませんが、タラの芽は出てきました。



こちらは、イチゴです。昨年のランナーをカットしながら雑草を抜くのに1時間以上掛りました。注意しないと小さな苗を引き抜いてしまいます。



こちらは、北側花壇の長ナスの苗です。会社帰りにケーヨーデイツー一宮店にて、198円(税抜)で入手しました。



長さ2.5m程の花壇に8個の苗を植えました。大きくなるとちょっと窮屈な感じになりますが、育たないものもあるので。



ガーデニングの巻 №5

【日付】2019年4月21日
【感想】最低気温が5℃を下回る日がなくなって来ました。この数週間で植物が一気に成長しました!



こちらは東側の花壇です。タラの木、コシアブラが青々として来ました。昨年の2月にネット購入し、3月にプランターから花壇に移した割り箸ほどの苗木が1年間で1mを超えてしまうとは夢にも思っていませんでした。



ピンぼけですが、やっと25cmほどに成長したコシアブラです。タラの木のようには成長しません。昨年植えた5本の苗木のうち、2本は芽が出て来ないので、枯れてしまった感じです。



こちらは南側の花壇です。タラの木、コゴミ、ワラビが成長著しいです。



“こごみ”の新葉が昨年の葉っぱの内側からニョキニョキと育って来ました。日陰で湿気の多い環境を好むようです。



“わらび”も顔を出して来ました。今から困るくらい生えて来るハズです。



こちらは東側の花壇です。イチゴが一斉に伸びて来ました。殆どが、昨年苗を植えた品種ですが、一部、前に居た落合のアパートから移植した品種もあります。



白くて可愛らしい花が咲きました。可愛そうですが、伸びて来たライナーは、今は全て切断しています。現状一日置きの水やりですが、来月以降は毎日になると思います。夜な夜な20mホースをドラムから引き出し、水やりを行い、またホースをドラムに巻き取る一連の作業が30分ほど掛かってしまいます。ランニングから帰って来てからの水やりですので、合わせて90分はバカにならない時間です…



ガーデニングの巻 №4

【日付】2018年8月1日
【感想】10日程前のガーデンです。



6月末、イチゴの右端に西瓜(中玉)とメロンの苗を植えました。西瓜は、整枝(仕立て)を全く行っていないため、親づる、子づる、孫づるがイチゴの上まで伸び放題です。



西瓜は、カードと同じくらいの大きさに育っています。



こちらは、わらび、タラの木、コゴミです。わらびがとても元気になりました。1株から沢山の茎が出て来ました。



こちらは、タラの木、コシアブラ、長ナスです。タラの木は、ドンドン成長していますが、コシアブラは、あまり元気がありません。



長ナスは、1週間で3~4個ペースで収穫しています。

37

こちらは、キューリ、トマト、カボチャ、西瓜、メロンです。狭いスペースに沢山植えたので、ひしめき合っています。隣接の畑も緑が生い茂って、ジャングルみたいになって来ました。水やりは夜のランニングの後、汗をかいたままの短パン、Tシャツスタイルですので、毎日、蚊の猛攻にあっています。水やりは、20mホースドラムを取り出して来て、水を撒いて、片付けが終わるまで30分では済まなくなって来ました…夕立でもあると、とても助かりますが、最近は全くありません。



ガーデニングの巻 №3

【日付】2018年6月25日
【感想】毎日、ガーデンの植物の成長を眺めています!



向かって左側がイチゴです。そろそろ実も大体になって来たので、ライナーのカットを止め、来年の繁殖の準備です。



こちらはイチゴの右隣りに植えた、スイカとメロンの苗です。以前はキャベツとレタスを栽培し、大玉が収穫できました。



こちらは前回同様、ブロッコリーとカリフラワーです。何度か収穫しました。



こちらは、こごみです。未だに新しい葉っぱが出て来ています。



こちらは、わらびです。根茎1本に対し、多いものは5本の茎が力強く出て来ました。



こちらは、タラの木、コシアブラ、長ナスです。



タラの木はスピード成長しましたが、コシアブラは葉を付け、茎が若干太くなった程度です。タラの木の成長には、目を見張るものがあります。



長ナスは、大きな実を何個か収穫しました。



こちらは、トマト、キュウリ、カボチャ、スイカ、メロンです。以前は白菜、キャベツ、レタス、そら豆、エンドウが所狭しと並んでいました。成長途中の赤キャベツだけが残っています。



左側のマクロで、トマト、カボチャ、メロンです。西日は良く当たりますが、日中はあまり日当たりが良くないので、ちょっとだけ心配です。季節毎に違った植物の成長が見られて、とても楽しいです。マッピーは休日だけの水やりですので、日頃はQさんが、水やら肥料やらの面倒を見てくれています。



ガーデニングの巻 №2

【日付】2018年5月20日
【感想】ガーデンのそれぞれの植物が大分成長しました。



先ずは、イチゴです。毎日、1~3個、収穫しています。ライナーが伸びっぱなしですので、カットして実を大きく育てます。



こちらは、イチゴの東隣りに植えた、キャベツとレタスです。苗の頃、葉の殆どを鳥に食べられてしまったので、鳥よけネットを被せました。



こちらは、ブロッコリーとカリフラワーです。ずいぶん成長したため、鳥よけネットが小さく感じます。来週作り直し、もう少し大きく囲む予定です。



こちらは、こごみです。1株から、1~4の葉が出て、とても大きくなりました。日陰で湿気を好みますので、山では、沢沿いに群生しています。



こちらは、わらびです。こごみの東隣りに、5cm位の根茎を横向きに植えました。根茎1本に対し、1本の茎が出て来ました。



こちらは、タラの木と長ナスです。タラの木は茎が大分太くなって来ました。長ナスは、アブラムシがついたので、牛乳を葉と茎に噴霧し、駆除しました。



手前は、とげなしのタラの木です。葉っぱの形状が、他の品種と少し異なっています。



こちらは、コシアブラと長ナスです。茎が太くなり、葉も立派になりました。長ナスの間隔が狭いため、キャベツやレタスを収穫したら、移植します。



こちらは、エンドウです。150cm位に成長しましたので、毎日、少しずつ収穫しています。



こちらは、そら豆とサニーレタスです。実の数は、エンドウに比べると極端に少ないですが、1個当りはとても大きいです。サニーレタスは、外側の葉を食べる分だけ切り取っています。



こちらは、白菜です。段々中心部分が大きくなって来ました。



こちらは、白菜、キャベツ、赤キャベツです。間隔が狭く、窮屈そうで、かわいそうです。白菜とキャベツが片付いたら、スイカを植えようかと思っています!



ガーデニングの巻 №1

【日付】2018年3月31日
【感想】新居には猫の額程のガーデンが4ヶ所あります。1月に苗木を購入し、屋根下のプランターで育てました。



こちらは、東側ガーデンです。



とても日当たりが良く、乾きやすい土壌です。



“タラの木”を3月初旬にプランターから移植しました。1番が立派に育ちました。



同じガーデンに“コシアブラ”を“タラの木”と同時期にプランターから移植しました。かわゆい芽が出てきました!



こちらは、西側ガーデンです。主に“イチゴ”を育てています。左側は以前の住まいのアパートから持って来た18年選手のイチゴです。



向かって右側は、とちおとめ、ジャンボ、紅ほっぺ、章姫、宝交早生など。右端には“キャベツ”と“レタス”を植えましたが、虫か何かに全て葉っぱを食べられてしまいました…



こちらは、北側ガーデンです。



こちらは、西側ガーデンです。主に“イチゴ”を育てています。左側は以前の住まいのアパートから持って来た18年選手のイチゴです。



“そら豆”は一番端にLAYOUTしました。ガーデンには全て食べられる植物を栽培しています。




Copyright(c) Woodpecker. All Rights Reserved.





inserted by FC2 system